ごあいさつ

  •  このブログでは、健康をサポートする私
    の立場から見た、健康を維持・増進する為
    のアドバイスや、京都人の目から見た京都
    の紹介、そして私的な出来事を交えて綴っ
    ていきたく思います。
  •  このブログの内容が皆さんに楽しんでも
    らい、少しでもお役に立てれば幸いです。

Calender

2022年08月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category Archives

Archives

2022年08月12日

猪害・赤目自然農園

昨日は、2週間ぶりに赤目自然農園に行きましたが・・・
猪に田んぼと畑に入られていました
DSCF9690.JPG

また大雨で、川から水を引くパイプも抜けていて
パイプを川下から担いで運ぶという仕事も
(川のダムの砂を掻き出す作業は断念)

3時間ほどかけて、草刈り&田んぼの状態は復活
DSCF9692.JPG
と言っても、生育はやはり1カ月遅れのような状態なので
無事に収穫できるか?
見守るしかないですね

畑は里芋&サツマイモが猪が食べて全滅でした
残った作物で元気なのは、カボチャ
DSCF9697-1.JPG

あと小豆が遅い時期ですが、種まきしました
2週間前に草刈りしたので、今回の畑の草刈りは楽でした

自然農って難しいな~と改めて体感した1日でした

2022年08月08日

和邇→高島、大渋滞

昨日、無事に3回目の和邇浜での砂浴WSを開催
DSCF9682.jpg
3日前まで1名登録が、間際の申込が重なり7名で催行
(もうちょっと早くに登録してね)

で、砂浴の後、高島の砂浴の家の見学希望が有ったので
13時頃に車移動したのですが・・・大渋滞!
予想以上の大渋滞でした
30分で着くところが90分以上かかりました
(それでもかなり渋滞回避の道を通ったんですけどね)

帰りは温泉に入って、朽木から17時発で鯖街道ルートで帰ろうと思ったら
グーグルマップが真っ赤な状態でしたので
まだマシだと思った高島市内の渋滞の方に突っ込み
想定内の渋滞に巻き込まれつつも、19時に院に帰宅
なかなかのハードな1日でした

以後、土日の高島での車移動は避けようと誓った1日です

次回の和邇浜での砂浴WSは、8/16です
(絶賛受付中)
8/26開催分の受付もボチボチとOKにしますので、ご検討下さい
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-751af2.html

2022年08月04日

砂浴情報

先ずは現在告知・募集しています砂浴WSについて

和邇浜での砂浴WSは
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-751af2.html
8/7(日)、8/16(火)、そして8/26(金)とあと3回開催します
(各2週間前から申込受付していますので、8/26分はお盆辺りからお申込み下さい)
DSC_4152.jpg

8/7開催分は、前日8/6の正午辺りまで受付しますが
現時点では最低催行人数に達していませんので、開催の是非が怪しいです
ふるってご参加下さい
8/16は多分開催出来るかと思います

逗子葉山砂浴WS(9/3-5)は・・・
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-e81473.html
3日間で20名以上を集めるのが目標でしたが
最低催行人数に達しましたので、催行は決定です

各日の私のレンタルパラソルの残りは1本ずつより
パラソルを借りたい方は、お早めにお申し込み下さい
(パラソル持参の方でも、お盆を過ぎた辺りにはお申込み頂けると助かります)

最後に、現在工事を進めております
「BIWAKO高島・砂浴の家」 での砂浴開催は
こちらは基本は「小単位のグループにて依頼されての開催」となります

建物が未だ工事中という事を考慮して頂いた上での「プレオープン期間」の開催という事で
(とは言え、8割方の工事は終わっていますが、庭や室内の細かい所が未だ手付かず状態です)
パラソルや穴掘りの片手鍋、その他砂浴に必要なグッズは全てレンタル付きで
本来5千円で受け付けるところと、プレオープン期間は一人3千円で対応します
(水着と着替え・水分とタオルだけご持参下さい)

1~6名のグループでお申し込み下さい
※1名での開催の場合は参加費千円UP
3名までなら京都市内から私の軽自動車での送迎付きも可能です
(一人2千円UP)

詳細を知りたい方は、当方よりチラシを送付しますので
先ずは、問い合わせメールを入れて頂ければ幸いです

以上、よろしくお願いしますm(__)m

2022年07月31日

赤目の作物の生育具合は?

赤目自然農園に田畑の様子を見に行ってきました
自然農はやっぱり難しいな~
と改めて思った2022年の夏
DSCF9625.jpg
例年、好調なコンニャクも数が少し少なく
里芋は一部が大きくなりましたが、獣害でこれも残ったのは少な目
DSCF9624.jpg
順調に育つだろうと思ってた生姜も出てきたのは2株のみ
DSCF9622.jpg

意外と育っているのは、カボチャのみです
DSCF9619.jpg
あと、掘り起こされたサツマイモも何とかリカバリーできています
DSCF9623.jpg

一方の田んぼの方はというと
水も溜まって順調そうに見えますが
DSCF9627.jpg
やはり苗の生育が悪くて
30㎝も成長していない苗から、既に発芽して実がなっています
DSCF9629.jpg
今年は種籾だけでも収穫出来れば御の字、のような感じです

何が功を奏して、何が悪かったのか?正直判らないですが
自然の世界は奥が深いな~と改めて実感している今日この頃です

2022年07月27日

砂浴の家、庭工事の報告

昨日&一昨日と、道路から玄関に向かうアプローチ道の整備をしていました
コチラが施工前
DSCF9206-1.jpg

コンクリブロックの石畳みの間から草も生え放題でしたので
ブロックを外して草&根っこ刈りをしたのが1カ月以上前のお話

防草シートを置いて、その上からセメントを単に流そうと思っていましたが
シートが真っすぐでは無いのは、恰好が悪いですので
DSCF9588.jpg

紐を真っすぐに張って、1M幅が真っすぐに余裕で使えるように
先ずは、周りの草刈り&根っこ掘り出しを行いました
そして、セメントを流す型枠として、木材を置いて、ブロックで仮固定
柵の内側の土は、フラットになるように、整備(トンボかけ)を行いました
DSCF9609.jpg

ここまでの準備が大変でしたが
セメントを流し込む作業は慣れれば楽ですね
防草シートの上にセメントを敷いて(コテを使って平らに伸ばして)
コンクリブロックの石畳みを横に3つ置き
石畳みの間にもセメントを流し込んで・・・と言う作業
DSCF9610.jpg
セメント5キロと砂20キロを混ぜて、施工できる距離は1M弱(約3列)
これを10回繰り返しました
(炎天下の作業は、滝のような汗で脱水にならないようにと、
 石畳みの上に座っての作業は、お尻が焼けるような熱さとの闘いでもありました)
DSCF9611.jpg

石畳みの上に残ってしまうセメントのかけらを水とブラシで洗い落とせば施工完了
丸2日かかって、ようやく完成したのがコチラ
DSCF9617.jpg
素人仕事にしては、合格でしょう
DSCF9618.jpg

次はウッドデッキ(移動式の床几=机と椅子になる縁側)の制作作業です!

※7/30と8/7の琵琶湖和邇での砂浴WS、参加者募集中です!
ふるってご参加下さい
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-751af2.html